イーサリアム(ETH)とトークンを保管できるMyEtherWalletの作成方法

MyEtherWalletはイーサリアム(ETH)とそのトークンを安全に保管できるウォレットを作成することのできるサービスです。

CoincheckBitflyerなどの取引所で購入した暗号通貨をそのまま取引所においている方も多いかと思いますが流出リスクを低くするためには外部のウォレットで保管することをお勧めします。

なぜ取引所よりもMyEtherWalletが安全なのか

CoincheckBitflyerなどの取引所はあなたの口座情報をサーバー上に保管しています。
それはイーサリアム(ETH)などの暗号通貨を購入したり売却したりという行為を仲介してる以上必要なことです。
しかしそれはあなたのアカウント情報さえ分かれば誰でも、どこからでもアクセスできてしまいます。

また、取引所が破綻したり、ハッキングされた場合暗号通貨が盗み出されたり出金できなくなってしまう可能性があります。

なぜMyEtherWalletが安全なのかというとMyEtherWalletはサーバー上に保管しているわけではなくあくまでユーザーがEthereumブロックチェーンとのやりとりを仲介するだけのクライアントサイドインターフェイスだからです。

つまりMyEtherWalletはユーザーの情報を保存していないのでMyEtherWalletがハッキングされてもユーザーのETHが盗まれることはありません。

取引所に通貨を置いている状態=鍵のかかった透明なショーケースを泥棒が通る道に置いている状態

MyEtherWalletでつくったウォレットに入れている状態=外から見えない宝箱に鍵をかけて家に置いてる状態

みたいな感じです。
確実に盗まれないという保証はないけどどっちがより安全かと聞かれたらもちろん後者でしょう。

MyEtherWalletでウォレットを作る方法

まずMyEtherWalletにアクセスします。
言語は日本語表示もできます。

お財布の作成からお好きなパスワード(なるべく複雑なやつ)を入力しておさいふの作成をクリック。
※再発行できないから絶対忘れるなよ!絶対だぞ!

keystoreファイルをダウンロードボタンをおしてダウンロードします。

警告文を読んで理解したら”I understand. Continue”ボタンをクリック。

警告文にはこんな感じのことが書いてあります。

・安全に保管すること
・バックアップを取ること
・他人に教えないこと
・無くさないこと

すると秘密鍵が表示されるのでこれも保管しておくこと。
ベストはお財布紙情報を印刷しておくことです。

“Next: Save your Address”をクリックしてウォレットの作成は完了です。

ダウンロードしたばかりのファイルを使って作成したウォレットのロックを解除します。

「Keystoreファイル」を選んでさっきダウンロードしたKeystoreファイルを選択してパスワードを入力すればロックを解除することができます。

自分のウォレットのアドレスを確認したらCoincheckやBitflyerからイーサリアム(ETH)を送金しましょう。

最初は全額ではなく少額送金してきちんと送金できるか確認することをおすすめします。

必ずバックアップを取ること

Keystoreファイルは必ずバックアップを取ることをお勧めします。
秘密鍵とパスワードも紙などにメモして忘れても大丈夫なようにしておきましょう。

Keystoreファイルとパスワード、秘密鍵のどちらかだけ分かればログインできますが両方忘れてしまうとイーサリアム(ETH)を取り出せなくなってしまいます。

逆にその情報が誰かに知られれば盗難されてしまう可能性もあるので取り扱いには細心の注意を払ってください。

これであなたも安全にイーサリアム(ETH)を保管することができICOにも参加できるようになります!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

COMSA(コムサ)のCMSトークンでできることと3つのメリット

NEMのNanoWalletにZaifからXEMを送金する方法

暗号通貨のシェア

暗号通貨のチャート、マーケットシェアが確認できる「Coin Market Cap...

ICOで巨額の資金を集めたStatus(ステータス)ってどんなプロジェクト??S...

9月13日にICO実施のメッセージングアプリKikについて調べてみた

分散型マーケットプレイス「District0x(DNT)」とは??