CAMPFIREがビットコイン払いに対応!導入されたcoincheck paymentはどんなサービス?

COMSAのICOでも話題になったクラウドファウンディングの株式会社CAMPFIREがビットコイン決済導入を発表しました。

ビットコイン決済システムにはコインチェック社の「コインチェクペイメント(Coincheck payment)」を採用しています。

これによりCAMPFIREでプロジェクトを支援する際にこれまでの銀行振込、クレジットカード払いなどに加えてビットコインによる決済が可能になりました。

CAMPFIRE社は仮想通貨取引所「FIREX」を運営したり、ICOプラットフォームのCOMSAでのICOを検討したりと仮想通貨ビジネスに対して積極的な姿勢を見せているので今後の動きが楽しみです。

コインチェクペイメント(Coincheck payment)はどんなサービスか

コインチェクペイメントはコインチェック社が提供しているビットコイン決済を簡単に導入することができるサービスで以下の3つに対応しています。

  • 実店舗での導入
  • オンラインショップでの導入
  • ブログや個人サイトへの導入

CAMPFIREのようなオンラインサービスだけでなく実店舗での導入も可能となっています。

オンラインサービスでは先日マイニング事業参入を発表したDMM.comもコインチェックペイメントによるビットコイン決済を導入しています。
(関連記事:DMMがGMOに続きビットコインマイニング事業に参入!世界トップ3の規模を目指す)

DMM.comのビットコイン決済の使用は爆発的ではないにしろ導入後、ジワジワと伸びてきているそうです。

コインチェックペイメント導入のメリットは?

事業者がコインチェックペイメントを導入すると以下ようなメリットがあります。

初期費用、基本利用料がゼロ

Coincheck paymentには初期費用、基本使用料がかかりません。固定費がかからないというのはまだまだ利用者が少なそうなビットコイン決済の導入を後押ししてくれそうです。

手数料が安い

手数料もクレジットカードの手数料よりも安価なためコスト面でのメリットがあります。

世界対応・インバウンド対応

ビットコイン払いは海外から送金を受ける際に大きなメリットがあります。
CAMPFIREのビットコイン決済導入にも海外からの支援をつのりたいという狙いがあるようです。

レート固定

ビットコインの価格は秒単位で変化しますがコインチェックペイメントは10分間のレート固定が設定されているので急激な価格の変動にも左右されません。
変動リスクをコインチェック側が担保してくれるというのは大きなメリットですね。

匿名性

ビットコイン払いはクレジットカード払いよりも匿名性が高いです。
DMM.comなどはアダルトコンテンツもあるのでクレジットカードの明細に乗せたくないという人のニーズを満たせます。
実店舗だと夜系のお店とかと親和性高そうですね。(奥様のリテラシー高いと追求されそうですがw)

売り上げを日本円出金することができる

ビットコインで支払われた売り上げを日本円で出金することができます。
ビットコインだと帳簿上の扱いが色々めんどくさそうなのでこれだと安心ですね。

そのほかの導入事例やメリットはコインチェックペイメントのページからチェックすることができます。
DMM.comへの導入事例のインタビュー記事も面白かったですよ!

今後のCAMPFIREやビットコイン決済の広がりが楽しみですね!

プレスリリース

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

COMSAのCAMPFIRE、プレミアムウォーターのICOは未確定【追記あり】

CAMPFIREのICO中止に関するテックビューロとのプレスリリースバトルの要旨...

DMMがGMOに続きビットコインマイニング事業に参入!世界トップ3の規模を目指...

ビックカメラドットコムがビットコイン決済に対応!さっそく使ってみた!

GMOが34億円以上かけビットコインマイニング事業に参入!クラウドマイニングやマ...

メガネスーパーが7月10日よりビットコイン支払いに対応!狙いはメガネのビットコイ...