DMMがGMOに続きビットコインマイニング事業に参入!世界トップ3の規模を目指す

9月8日、株式会社DMM.comが仮想通貨事業部を発足し、仮想通貨のマイニング事業「DMMマイニングファーム」の運営を発表しました。

前日に仮想通貨マイニング事業を発表したGMOインターネットに続く形になりました。
関連リンク:GMOが34億円以上かけビットコインマイニング事業に参入!クラウドマイニングやマイニングボードの開発も!!

発表はGMOインターネットより1日遅れましたが事業の開始はGMOが2018年上半期からなのに対してDMM.comは今年の10月から開始と事業のスタートはDMMの方が早くなる模様です。

世界のマイニングファームのトップ3を目指すマイニングファーム

DMMのマイニングファーム「DMM POOL」は国内事業者では他に類を見ない大規模なのマイニングファームの計画になるようです。

2017年10月よりトライアルを経て年内には「DMM POOL」を全世界に公開、2018年度中にはトップ10に入る規模のマイニングファームになると発表しています。

そして将来的には世界のマイニングファームのトップ3に入る規模に成長することを目指しているようです。

DMM社長の片桐さんも気合が入ってます。

クラウドマイニング事業にも参入!

GMOインターネットと同じくDMM.comもクラウドマイニングサービスである「DMMクラウドマイニング」を提供します。

個人で行うのはコスト面でも、設備面でも敷居の高いマイニングに気軽に参加できるのがクラウドマイニングの魅力です。

ユーザーは出資額に応じてマイニングセンターで採掘されたビットコインの収益の配分を受け取ることができます。

また事業者側は規模拡大のための資金調達をユーザーから行うことができるというメリットがあります。

現状のクラウドマイニングは海外の会社が多く、マルチまがいな方法で会員を獲得したり、分配が滞ったりする業者が多数いるのが現状なのでGMOも含めて安心して参加できるクラウドマイニングサービスが誕生するのは素晴らしいことだと思います。

GMOとDMMが競い合いながらユーザーにとってメリットの大きいサービスになって行くことを期待しています。

ということでGMOに引き続きDMMの仮想通貨マイニング事業参入のニュースでした!

年内にはまた新たな事業者の参入が発表されるかもしれませんね。

あ、DMMの亀山社長とYoutuberヒカル氏の対談動画があったので貼っておきますね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

COMSAのCAMPFIRE、プレミアムウォーターのICOは未確定【追記あり】

ビックカメラドットコムがビットコイン決済に対応!さっそく使ってみた!

GMOが34億円以上かけビットコインマイニング事業に参入!クラウドマイニングやマ...

Bitcoin Cashが基軸通貨の取引所が誕生!運営は中国最大級のマイニングプ...

CAMPFIREのICO中止に関するテックビューロとのプレスリリースバトルの要旨...

メガネスーパーが7月10日よりビットコイン支払いに対応!狙いはメガネのビットコイ...