ZAIFトークンはなぜ高騰した?COMSAとの連携の内容は??

ZAIFトークンとはテックビューロ社が運営する仮想通貨のZaifが発行している独自トークンです。

Zaif取引所ではZAIFトークンをビットコインやネムと同じように売買することができます。

こちらが8月のZAIFトークンの8時間足のチャートです。

8月1日の安値は0.1円で8月27日の高値は2.4999円、8月30日時点では1.5円と最大約25倍の高騰!!

しかも最高値を記録した27日には同日の安値が0.35円と恐ろしいボラティリティになっています。

なぜこれほどまでZAIFトークンが注目されているのでしょうか??

ZAIFトークンはなぜ高騰したか?

zaifトークンが高騰したかというとテックビューロが発表したCOMSAというICOプラットフォームのICO(仮想通貨による資金調達)が関係あるようです。

COMSAに関しては以前こちらの記事で触れています。
COMSA(コムサ)のCMSトークンでできることと3つのメリット

簡単に言うとテックビューロ社が仮想通貨を使った資金調達のサービスをはじめるにあたってICO(仮想通貨による資金調達)をおこなうということになります。

COMSAは日経新聞でも取り上げられるなど仮想通貨界隈以外の層でも話題になりました。

そして出所は不明ですがZAIFトークンを持っていればCOMSAのCMSトークンが配布されたり何か有利なことがあったりするのではないかという噂が流れ始めました。

そんな噂もありつつ10月のCOMSAのICOが近づくに連れ徐々に価格上昇を見せていました。

もちろん憶測に過ぎないので全ての人がCOMSAとの連携の噂を信じているわけではありませんがCOMSAというイベントに向けて価格が上昇していると言う事実は値上がり期待の多くの投資家を引きつけていました。

そしてテックビューロ社が上場するのではないかと言うツイートがあった1時間後にZAIFトークンが暴騰をはじめました。

上場の噂はかねてからあったのですがさらに値上がりを期待しての暴騰となりました。

しかしこの情報は上場を裏付けるものではないと言う指摘も…

あまりの高騰ぶりについにバブルが弾けZAIFトークンは2.499円から0.35円まで下落。

ZAIF取引所にアクセスが殺到し、サーバーダウンしたため一時取引が不可能になり混乱が起こりました。

サーバーが順次回復して行ったこととテックビューロの朝山社長がCOMSAとZAIFトークンの連携は考えているとの発言から一旦は事態が収拾したようにみえます。

結局ZAIFトークンを持つメリットはなんなのか?

もともとZAIFトークンはキャンペーンで配られたりZaif取引所やtwitterでチップとして他の人にあげることができるくらいの用途しかありませんでした。

しかしあまりにもZAIFトークンが注目されて価格が高騰したため8月29日に次のような発表がされました。

1. Zaif口座からの振り替えでCOMSAのトークンセールに払込が可能に
2. ZAIFトークンでCMSトークンの購入が可能に
3. ZAIFトークン建てのCMSトークン購入者にボーナスを付与
4. ZAIFトークンの取引高ランキングを開催
5. ZAIFトークン保有量ランキングを開催
6. ZaicaでGoキャンペーンを開催

ZAIFトークンを使えばCMSトークンを有利に購入できるというのがメインとなっています。

詳細はZaifからのアナウンスをご覧ください。
COMSAトークンセールにおけるZaif利用者特典の予定とその概要

ZAIFトークンは買うべき?

これはぶっちゃけわかりません(笑)

ZAIFトークン建てで3000CMSトークン以上を購入すれば2%のボーナスが配布されると言うメリットがありますがそれまでにZAIFトークンが購入時より値下がりしていればそれよりも損することになります。

ZAIFトークンでCMSトークンを購入した方がお得ということになればCOMSAのICOに参加する予定の人が多く購入する可能性はありますが8月はじめに0.1円で30日現在が約1.5円台という高値圏にある状態です。

なので今後また値段が下がる可能性があるのでzaifトークンを購入する際は暴落リスクも踏まえた上であまり大きな額をつっこまないようにしたほうが無難かなと思っています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ビットコインに投資する5つのリスクと対策方法