ビットコインに投資する5つのリスクと対策方法

ビットコイン投資を行う際にどのようなリスクやデメリットがあるのか把握しておくことは大切なことです。

必要以上にリスクに過敏になることはありませんがどんなリスクがあるか把握しておくことであらかじめ対策を打ち、無用な損失を防ぐことができます。

今回はビットコイン投資の5つのリスクとその対策を解説します。

リスク①大きく値下がりする可能性がある


ビットコインの価格は日々取引所の取引によって価格が変動しています。

日本の株式投資であれば1日の値幅に制限があるので1日で価格が半分になるようなことはありませんが値幅制限のないビットコインではそのようなことがあり得るのです。

ビットコインが最高値をつけた2017年5月26日の翌日のzaifでの1BTC(ビットコイン)の取引価格は高値334945と安値257255と23%もの価格変動がありました。

ビットコインの取引は24時間常に行われてるので夜寝てる間に大暴落が起こり起きたらビットコインの価値が大きくさがってる、ということも起こります。

逆に考えるとそれだけ価値の上がる可能性もあり、それがビットコイン投資の魅力といえます。

対策
・生活に支障の出ない余剰資金で投資する
・長期保有する覚悟で投資する

リスク②不正アクセスによってビットコインが盗難される可能性がある

もっとも注意しなければいけないのは不正アクセスによるビットコインの盗難リスクです。

通常取引所ではID(もしくはメールアドレス)とパスワードでログインすることできますがハッキングやマルウェアによってバレてしまったり総当たり攻撃によって不正ログインされる危険があります。

そのため多くの取引所が採用している「google認証システム」を使った2段階認証は必ず設定して起きましょう。
(逆に2段階認証に対応していない取引所の利用は控えましょう)

また取引所の利用はビットコインの購入売却のみにして保管はハードウェアウォレットで行うのが一番安全です。

TREZOR(トレザー)Ledger Nano S (レジャー・ナノS)をつかえばオフライン状態でビットコインを保管することができるのでハッキングリスクを回避することができます。

対策
・2段階認証の設定をする
・ハードウェアウォレットに保管する

リスク③取引所の破綻・ハッキングリスク


個人のアカウントのハッキングリスクについて説明しましたが取引所そのものがハッキングされる可能性があります。

また取引所を運営している会社が大きな損失を出して破綻してしまった場合そこに預けていたビットコインが返ってこなくなるリスクもあります。

2014年に破綻したマウントゴックス社の事件は記憶に新しいですがこれはハッキングではなく横領事件であったという見方が大きいです。

しかし利用している取引所にトラブルがあった場合一時的に出金ができなくなるようなこともあるので信頼できる取引所を選びましょう。

対策
・ハードウェアウォレットに保管する
・複数の取引所にビットコインを分散させる

リスク④税金に関して制度が整備されていない


ビットコインの税金移管する制度はまだまだ未整備です。

ビットコインで得た利益をどのように申告するのか、ビットコインを受け取った場合の税金、ビットコインで他の仮想通貨を購入して出た利益に対する税金などに対して明確なルールがほとんど定められていないのが現状です。

現在ビットコイン関係の税制の議論や進められていますので情報をしっかりつかむことが大切です。

購入したビットコインを日本円に変えて大きな利益が出た場合は必ず確定申告をして税金を納めなければいけません。

税金に関する疑問は所管の税務署に確認することが一番確実ですが前述の通りまだまだ議論の最中ですので確定申告の時期までにはなんらかの通達があるかと思いますのでそれまで待ってみてもいいかもしれません。

対策
・大きな利益がでたら確定申告をする(脱税ダメ、ゼッタイ!)
・確定申告の疑問は所管の税務署や税理士に問い合わせる

リスク⑤現在価格が気になって日常生活に支障をきたす

ビットコインを購入したらビットコインの価格が気になってしまい四六時中チャートをチェックしてしまいがちです。

あまりにも価格を気にしてしまうと精神衛生上よくありませんし、仕事や睡眠に支障をきたしてしまいます。

特にチャートがチェックできるスマホアプリは気軽にチャートがチェックできるのでどうしても気になって見てしまいます。

ビットコインで消耗しないために売買はPCで行うと決めてスマホのアプリをアンインストールするのも一つの作戦です。

特に長期投資であれば四六時中チャートをチェックする必要はないのでそんな時間があるなら情報収集したり、他の有意義なことに時間を使いましょう。

対策
・売る気がないならチャートは見ない
・1日にチャートをチェックする回数を決める
・チャートがチェックできるアプリをアンインストール

リスクを把握して自己責任で投資をしよう

最近では店舗のビットコイン決済なども広がりつつありビットコインの値上がりが期待されています。

しかしビットコインはまだまだ発展途上の通貨であり人類史上初めての実験的なプロジェクトなので何が起こるかわかりません。

確実に儲かる投資というのはビットコインを含めて絶対に存在しません。

ビットコインのリスクと魅力を比較して購入するがどうか、どれぐらい購入するかは自己責任で決めましょう!

  
  
  
  
コインチェックは2段階認証も可能な国内のビットコイン・暗号通貨の取引所です。
PC・スマホどちらかでも簡単にビットコインを購入できるオススメの取引所です!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ZAIFトークンはなぜ高騰した?COMSAとの連携の内容は??