メガネスーパーが7月10日よりビットコイン支払いに対応!狙いはメガネのビットコイナー・・・ではなく中国人!

ちょっと遅れての話題ですがメガネスーパーが7月10日よりビットコインでの店頭決済を開始するとのプレスリリースを発表しました!

ビットコインが使えるお店が増えればビットコインの注目度が上がり時価総額の上昇も期待できます。

実際に通貨として使用し商品を購入できるという実用面での広がるというのはさらに素晴らしいことです!

ターゲットはメガネのビットコイナー・・・ではなく中国人!

ただ、twitterの反応を見ると「だれがわざわざメガネスーパーでビットコイン使うねん!」という声がちらほら…

しかしプレスリリースを読めばわかりますがこの対応は国内のビットコイナーの期待に応えて、というわけではなく訪日観光客、特に中国人をターゲットにしての対応です。

インバウンド向けの決済サービスでは、先行して導入している「銀聯カード」に加えて、2016年4月からはリクルートライフスタイルが提供する決済アプリ『モバイル決済 for Air レジ』を利用し、特に来店頻度が高い中国人のお客様に向けた「Alipay」決済とその他のアジア系外国人のお客様の利便性向上を見据えた「LINE Pay」決済の対応を実施し、この一年で利用実績が大きく増加しています。プレスリリース

このリクルートライフスタイルが提供する「モバイル決済 for Airレジ」っていうのはビットコイン以外にも中国4.5億人が使う決済サービスである「Alipay(支付宝/アリペイ)」をお店にカンタンに導入できるサービスです。

中国人がわざわざ日本でメガネ買うの!?って驚くかもしれませんがメガネ以外にもコンタクトレンズやアイケア用品を爆買いして行くみたいです。

ビットコイン払いなら両替手数料もかかりませんし、例えば旅行前に前金を支払ってもらう必要のあるサービスでは送金手数料も減らすことができるのでインバウンドとの相性は抜群ですね!

広告効果デカイよね

しかしビックカメラの時もそうでしたけど導入するだけでこんだけ話題になるって広告効果めっちゃデカイですね!

メガネ業界で先進的なことするのってJINSのイメージがありましたがメガネスーパーもイケてますね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Bitcoin Cashが基軸通貨の取引所が誕生!運営は中国最大級のマイニングプ...

ビックカメラドットコムがビットコイン決済に対応!さっそく使ってみた!

CAMPFIREのICO中止に関するテックビューロとのプレスリリースバトルの要旨...

DMMがGMOに続きビットコインマイニング事業に参入!世界トップ3の規模を目指...

CAMPFIREがビットコイン払いに対応!導入されたcoincheck paym...

COMSAのCAMPFIRE、プレミアムウォーターのICOは未確定【追記あり】